スポンサード リンク

クロックスサンダルでいろんなファッションスタイル

クロックスサンダルについて

クロックスサンダル(シューズ)は、CROCS(クロックス)というアメリカコロラド州デンバーに本社を置くグローバルな靴製造メーカーで、その素材には独自開発した「クロスライト」という特殊樹脂を使い、アウトドア、スポーツ、ウォータースポーツとさまざまな場面での履き心地を追求した靴の開発・製造を行っています。
特徴としてはその靴底の厚さや前後に可動するストラップなどにもこだわった機能的なデザインを生み出し、一目で「クロックスサンダル」と分かる個性的でかつ機能的です。

クロックスの誕生は、3人の創業者が、フォーム・クリエーション社の開発した一風変わったシューズを滑りにくく足跡のつきにくい靴底という特徴から、ボートやアウトドアのシューズとして売り出そうと考えました。
そして2002年11月に「フォート・ローダーデール・ボートショー」でファーストモデルの「ビーチ」を発売するや、人気が膨れ上がり、快適でファッショナブルな多目的シューズとして知られるようになりました。

クロックスは、製品のバリエーションを広げ、フォーム・クリエーション社を合併買収。現在では、世界中で販売されるようになりました。
クロックス・フットウエアの本質的な価値、それは「軽くて、快適」「すべりにくく、ファッショナブル」。
そして「機能的なシューズ」を作るために、全力を投じてスピーディな製造を実現しています。

ファッショナブルで個性的、そして機能的なクロックスサンダルは、通常、ゆったりと快適にフィットするようにデザインされています。「ケイマン」と「プロフェッショナル」には個別のサイズ展開がされていて、ハーフサイズにも対応しています。




この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。