スポンサード リンク

クロックスサンダルでいろんなファッションスタイル

クロックスサンダル各モデルの選ぶ時の参考パート2

クロックスサンダルの各モデル「自分にぴったりのサイズって、どう選んだらいいの?」クロックスサンダルを選ぶ時の参考の続きです♪
では選ぶ時の参考になるように各モデルについて紹介します。

【ケイマン】【プロフェッショナル】【エンデバー】【アイランダー】【オフロード】
クロックスサンダルが1cm刻みでサイズが用意されているモデルですね。
表示サイズよりも実寸は0.5cm大きいクロックスサンダルですから、普段履いているシューズのサイズが26.5cmの方は、26cm(M8サイズ)を選べるようにハーフサイズにも対応しているんですね。
【アテネU】【スクーツ】
クロックスサンダルでもこの2モデルの特徴は、ケイマンなどよりも甲高で大きめまことです。
ですから、普段のシューズのサイズで選ぶとかなり大きい場合がおおいんです。
足の甲など足の形によっては1〜2サイズほど小さめのサイズでOKですね。
【プリマ】
このモデルはのアテネU・スクーツとは反対に、甲の部分が浅く、しかもストラップがないモデルです。
ストラップがないので、そのままのサイズで履くとカパカパとして脱げてしまうかもしれませんから、1サイズ小さいサイズを選んで履くと良いようです、もちろん足の形にもよりますね。
【ナイル】
このモデルはクロックスサンダルとしては、足の甲が薄くて幅が狭いという足の形の方向けです。
やはりこのモデルも表示サイズより0.5cm大きくできていて、ハーフサイズにも対応しますよ。
普段シューズを24.5cmを履いているんなら、24cm(W8サイズ)を選べばOKですね。
…とクロックスサンダルはここまでですね。
【ジョージー】
このモデルはサンダルではなくブーツタイプです。
このモデルは、普段はいているシューズサイズそのままのサイズを選べば大丈夫ですが、サンダルとは違い、ブーツタイプの為に足首もフィットするんで、足首がきついなという場合は、1サイズ大きめを選ぶと良いそうです。
【もしもの裏技】ドライヤーの弱風を遠くから当てて、(ていねいにですよ)ゆっくりと広げる事も出来るんだそうです。

クロックスサンダルを選ぶ時の参考でした。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。